ニキビを1日で治す方法が知りたい!そう思っていろいろ試してみた結果、効果のあったものをご紹介いたします。
参考にしていただけたら幸いです。

突然できたニキビにはどうすれば早く治るんでしょうか。

ニキビの状態にもよりますが、できてしまったニキビ。
たった一日でニキビを治す方法はあります。

そもそもどうしてニキビはできるのでしょうか?

あさ起きて鏡を見ると突如できてたり、場所によっては繰り返しでき、治りづらい。
思春期も過ぎて大人になってもずっとニキビに悩まされている人はたくさんいます。
そもそもニキビはどうしてできるのでしょうか?
まずは、確認してみましょう。

ニキビができる原因

皮脂の過剰分泌
ニキビができる原因のほとんどは、皮脂の過剰分泌によるものです。

皮脂の分泌量は、だいたい体質などで決まっていますが、乾燥が原因で皮脂が過剰に排出されます。
特に10代、皮脂の分泌量が多いので毛穴が詰まりニキビができやすくなります。

角質層が厚くなる
皮脂が過剰に分泌されると角質層が厚くなります。

皮脂量が多い10代に対して、大人の方はニキビは皮脂の分泌がそんなにのに、度々繰り返して出来てしまいます。

この原因は保湿不足やこすりすぎによる刺激、また洗いすぎやターンオーバーの乱れがあります。

そして、角層のバリアを乱し角質層が厚くなります。

毛穴の出口がふさがると、ニキビができやすくなります。

毛穴の詰まり
これもニキビの大きな原因になっています。

毛穴の詰まりによってニキビができやすくなります。

ターンオーバーが正常でなかったり、過剰に分泌された皮脂が酸化すると毛穴を塞いでしまいます。

毛穴の出口が塞がると、放出されるはずの皮脂が毛穴に溜まり炎症を起こします。

これがニキビになります。

できてしまったニキビを1日で治すには?

ニキビができるととても憂鬱な気分になります。

ニキビを1日も早く治したい!

ニキビのケア方法をご紹介いたします。

「正しいスキンケア」
ニキビを一日でも早く治したいと思ったら、正しくスキンケアをしているのか、今の肌はどんな状態なのかチェックしてみましょう。

一番大切なことは、保湿です。
ベタついて、皮脂が出るから保湿を控えるのは逆効果です。
クレンジングでしっかり丁寧に洗いしっかり保湿をしましょう。

そして化粧水だけでは水分が蒸発しやすくなります。
しっかり美容液やクリームで蓋をしてあげるのがベター。

ニキビ用のコスメを使うのが簡単ですね。
ノンコメドジェニック処方は、ニキビの原因となる成分を徹底的排除してシンプルな処方になっているので安心です。
敏感肌、ニキビ肌向けに抗炎症成分が混ざっているのもオススメ。

肌を清潔な状態にする
毛穴に汚れが詰まり炎症がおき、ニキビが出来ます。
メイクをすぐに落とし、顔だけではなく、手も清潔に洗い、枕のカバーや布団なども清潔にしてこまめに洗濯しましょう。

また、ファンデーションのパフやメイクブラシも気をつけたほうがいいですね。
毎日肌に触れるものです。
パフやブラシには皮脂が付着します。
そこからニキビへ雑菌が侵入することがあるんです。
パフやブラシも、清潔に保つようにしましょう。

1日でも早くニキビを治したいなら触らないこと。
触れば触るほど、雑菌が付き、ニキビは改善されるどころか悪化するだけです。

「潰さない!触らない!」
ニキビは病気と同じです。
しかし、ニキビは風邪と一緒で自然に治ります。
ですが、潰して膿を出したりすることでひどい跡になってしまうケースもあります。
ニキビが出来たらできるだけ触らないこと!
自分で潰すのも良くはありません。

 

「バランスのいい食事」と「睡眠」
ニキビに一番大切なのは、食事や睡眠など生活習慣です。
ニキビができるのは、スキンケアができていないからニキビが出来るというより、生活習慣が原因のケースがほとんどです。
野菜やヨーグルトなどを積極的に食べることで便秘が改善されます。
腸の環境が良くなることで、肌の調子もよくなり、ニキビを治すことにもつながります。

また、とにかく意識して早く寝ること
睡眠不足は肌の免疫力を下げます。
ついついスマホを見たり、テレビを見たり夜更かしするとニキビができやすい環境を作ります。
とにかく早く寝る!これが一番です。

食事のバランスが悪い人はサプリメントを利用するのもいいでしょう。
ニキビの原因の一つは栄養不足です。
薬局などで様々なサプリメントが売ってあるので活用しましょう。

亜鉛
新陳代謝を活発にする効果が期待できます。
細胞分裂をスムーズにし、新しい細胞が作られるのを助けてくれます。
早くニキビを治すために是非摂りたい栄養素です。

ビタミンE
抗酸化作用でお肌の酸化を防ぎ、免疫力を高める作用がある栄養素です。
血液の循環をスムーズにしてくれます。お肌に栄養素を届けてくれます。

ビタミンC
コラーゲンの生成と保持を助ける栄養素です。
メラニン色素の生成を抑制したり、強力な抗酸化作用で免疫力を高める作用も期待できます。

ビタミンB6
タンパク質の代謝を促して新しい皮膚を作る手助けをする栄養素です。

ビタミンB2
皮脂の分泌を抑制する役割を果たす栄養素です。
不足すれば、皮脂過剰の原因になります。

ビタミンA
皮膚の新陳代謝に深く関わっている栄養素です。
不足すれば、毛穴つまりの原因になります。

 

 

皮膚科で正しい処置を受ける
いつもニキビができているという状態なら皮膚科できちんと治療してもらいましょう。
ニキビの状態に合わせた最適な治療薬を出してくれます。
できてしまったニキビの治りが早くなることもあります。
日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医に正しいケアを確認しましょう。

どうしても病院に行く時間がないなどは薬局で売っている薬でもいいでしょう。

テラコートリル軟膏はおすすめです。

ニキビが出来た所に少し塗り一晩寝ると、翌朝には魔法の様にニキビが消えています。

夜、スキンケアをして、綿棒で化膿したニキビにたっぷり塗り、その上から絆創膏を貼って就寝します。
次の日には、驚くほど炎症が治まっています!

季節の変わり目の酷い肌荒れ、かさつき、吹き出物が出来たときの救世主になります。
しかし、ステロイドのお薬ですから、長期使用はおすすめできません。
肌荒れや吹き出物をすぐに治したいのならおすすめです。
オロナインと違って治りの速さが、かなり違います。

絶対にニキビを1日で治したい!

絶対にニキビを無くしたいときの最終手段があります。

この方法は、基本的におすすめするものではありません。
しかし、どうしても一日でニキビを治したいときには有効な方法です。

それは、ニキビを潰してしまうことです。

ニキビは病気ですから、その病原菌を取り出してしまえばあとは治るだけです。

ポツんとできた白ニキビは、プチっっと潰してしまえばなくなります。

これをする前には必ず手を洗いをしてください。

そして、清潔なタオルとばんそうこう、そして高濃度ビタミン入りの美容液を用意します。

ニキビを潰して芯を取りだします
手を清潔にして、清潔なタオルでニキビを潰し芯を取り出します。
傷をつけないようにタオルをクッションにして、周りから押し出します。

ばんそうこうを張る
高濃度ビタミンCの美容液をつけ、さらにばんそうこうを張ります。
粘着部分は小さくなるように2ミリ程度に切り、粘着部分を少なくしましょう。

 

あとは早く寝るだけです。

ただ、まだ芯が出きってない赤く腫れたニキビは止めておきましょう。

化膿した膿が出ない状態のニキビを無理に潰そうとすると大きく腫れてしまいます。

赤く炎症を起こしたニキビは、仕方ありませんコンシーラー等で隠すしかありません。

 

 

最後にあなたのニキビケアが間違っていないか確認してみましょう。
 

やってはいけないニキビケア

NGケアチェックリスト

刺激を与える過剰なケア
肌荒れを治そうと、スクラブ剤や洗顔ブラシを使ってゴシゴシしたらダメ!
スクラブ剤などの過剰な角質ケアは、ただ肌を痛めつけ、刺激になってしまうだけ。
洗顔時は、しっかりと泡立てたたっぷり泡でやさしく洗うのがポイント。

保湿不足
肌が乾燥状態にあると、肌を守ろうと角層が過剰に作られ毛穴が詰まり皮脂が溜まった白ニキビができます。
そうすると、ニキビの原因であるアクネ菌が増え、赤ニキビや白ニキビが増えてきます。
しっかり保湿することで、肌のターンオーバーを整えましょう。
保湿はしっかりを心がけましょう。